死印

イラスト・背景 ★★★★★

イラストに惹かれてゲームプレイを決めたくらい、とても好みであり、上手でした。
特に背景と怪異イラストが素晴らしい。
人物は怪異とは別の方が描かれているそうで、立ち絵はよかったけれどCGイラストになるとアニメ調が強くなり作品の雰囲気には合っていなかったように思えました。あと無駄にエロティックに描きがち。そんなサービス求めてない…!

最初の項目で言ってしまいますが、このゲームの一番の見どころは怪異イラストだと思っています。
だからこそ、クリア後のCG閲覧がないのはとても悲しい…!PS4版やSwitch版ギャラリーモードがあるそうなので、CG鑑賞を楽しみたいという方はそちらをお勧めします。

created by Rinker
エクスペリエンス

created by Rinker
エクスペリエンス

シナリオ  ★★☆☆☆

正直肩透かしもいいところ。

こんなこと言ってると面白くなかったのかと言われそうですが、別に面白くなかったわけではないです。面白かったとも思いませんが。

5つの話がありますが、だいたい似通ってる。
どこどこの場所に行くとオバケからコンタクトがあり、yesと答えるとセーフだけどnoと答えるとアウト、みたいな。
ざっくり言うと口裂け女の要領です。「キレイ?」と聞かれどう答えるか…そんな話。詳細が違うだけ。

下記の項目で触れますが、このゲームをクリアするまでに半日かかりません。かなり短い。
そんなボリュームなので内容が薄い。
登場キャラクターもキャラが濃い人たちばかりなのに、感情移入する前に役目を果たしてさよならバイバイするから、共感から来る恐怖のようなものもなかった。もっとキャラ同士の会話であったり、背景に触れてほしかった。

怪談話が好きな人は楽しめるかも。

糖度  ★☆☆☆☆

笑いはありませんし、ハッピーな気分になるゲームではなかったので糖度はないに等しい。

プレイヤーを驚かす演出はほぼありません。
探索パートの際、懐中電灯の光でたまに幽霊を見つけた時にハッとなる程度。メインのボスキャラ達は気持ち悪かったものの怖いとは思いませんでした。

普段、ホラーゲームをプレイした後はトイレやお風呂に行けなくなるタイプのビビりですが、このゲームはまったく後に残らなかった。それくらい怖くなかった。
プレイする前はツイッターで「怖くてクリアできないかも」とか言ってましたがなんの問題もなかったです。

システム  ★★☆☆☆

このゲームの醍醐味はデッドリーチョイス(重要な選択肢を選ぶ場面)かと思うのですが、間違えた選択肢を選ぶと一発ゲームオーバー。
ボス戦もパートナーやアイテムを間違えると絶対にクリアできないこともあります。
問題も意味が分かりにくいので、ほぼ勘でプレイしてました。
一見自由度の高いゲームのようで、実は制限がかなり厳しいのがこのゲーム。救いがない。

バックログ機能がないことと、いつでもアイテム確認ができないのが本当に困った。
(バックログはアップデートすればつくそうです。更新しないままプレイしてしまいました)

探索パートはダンジョン形式ですが、このシステムが活かせてたのかどうかはわかりません…
あと地味にマップ移動がやりにくいです。視点コロコロ変えるのやめてほしい。

通常パートの会話選択肢にまったく意味はありません。まさかの。
てっきり好感度か上がってスキルが~とか使える武器が~とかなんかあるのかと思っていたのに。

全体的にシャレ怖な感じですが、演出がとことんダサい。
具体的にどこがどうこう…という話ではないのですが、演出に問題ありな気がします。

タッチパネルは一切使えません。

プレイ時間  ★☆☆☆☆

一章1時間半くらい、8時間でトロコンできました。
手こずっても1日あればクリアできるボリュームです。

音楽・SE ★★★★★

作品を邪魔しないいい塩梅。
切迫した感じはありつつ、恐怖感は控えめ。よかったです。

声優  ★☆☆☆☆ (notフルボイス)

もっとセリフがあるもんだと思いきや、本当にちょこっと。いっそのことなくてもよかったのでは。
どうせ声優さんがいるのなら、もっとセリフを聞きたかったです。

まとめ

もっと猟奇的でシナリオがっつり読み込んで推理して…みたいなものを想像していたので、思っていたものとはだいぶ違いましたがこれはこれでいい…多分。
推理を重視してプレイせず、探索をメインに楽しめばいいのかなと。(探索に重心を置くのも違う気がするけど、そこくらいしか楽しめるところがない)

今のところ追加シナリオを買う予定はありませんが、そっちは面白いとの評判を聞いたので、プレイした方は感想を教えてもらえたら嬉しいです。
サブキャラクターにスポットを当てたシナリオが出たら買うと思う。真下のシナリオを求む

created by Rinker
エクスペリエンス

コメント